☆バディーベルトについて

みなさんこんにちは
Olu Ponoの我那覇です。
先日の1周年祭では沢山の方にご来店頂きありがとうございました。

 

一日限りのイベントでしたが
バディーベルトの人気は想像以上でした。

 

 

 

今日はバディーベルトについて
書いてみたいと思います。

BUDDY BELT誕生秘話🐾
Buddy Belt はカナダのトロントのロクサーヌ・ぺティパさんが愛犬のために作ったハーネスです。

ロクサーヌさんはBuddy(バディー)が散歩に行く度に、喘息のように咳き込むのが気になっていて、「原因は首輪による喉の圧迫に違いない」と確信しハーネスを着用しましたが、装着しづらかったり、皮膚や被毛を痛めたり、喉の部分にかかり解決出来る物ではありませんでした。

そこで自ら考案したデザインを基に1997年に考案されたデザインが
バディーベルトです。

それから、革製品のデザイナーや革職人といった人たちと研究を重ね
わんちゃんの安全の為に最適なデザインを追求しています。

 

 

 

 

 

 

 

このハーネスは、愛犬Buddyのためのベルトという意味で「BUDDY Belt-バディーベルト」と命名されました。

BUDDY   BELTはなぜ身体に優しいの?

気管を圧迫しないデザインにより、負担の少ない「胸で」身体を支えます。
また、バディーベルトは、立体縫製で一つ一つ職人が手作りしており、とても柔らかで、しなやかな素材で耐久性にすぐれたオールレザー(本革)です。
使えば使う程身体になじみ、柔らかくなるため身体に優しいのです。

 

BUDDY   BELTの正しい付け方🐾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①左右の輪っかに前足を通します

②そのまま背中の方に引き上げます。

③最後にベルトを締めて完成です。
指が1から1本半程度は入る余裕があれば適正サイズです。

 

 

 

 

BUDDY   BELTの正しい使用法🐾

購入される多くの方が「ゆるく装着する」傾向があります

「きつそうで可哀想」「きつくて苦しくない?」という気持ちはわかりますが、愛犬のためにも正しい付け方をしましょう!

ゆるく付けると→「腕が抜ける」「頸椎を傷める」「隙間ができて脇が擦れる」
などの事故につながる可能性が考えられます。

愛犬と飼い主さまを繋ぐ命の道具はプロのアドバイザイーがいる実店舗で、試着をして購入する事をおすすめいたします。

 

Olu Ponoでは、10月いっぱいは店頭で取り扱っておりますので^^
気になる方は、お早めに愛犬と一緒にご来店ください!

◆店頭にないカラーはお取り寄せ可能となっております!但し商品によっては、1カ月程度かかる場合もごございます。

Follow me!